CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
私のクローゼットから my favorite style [e-mook] (e-MOOK)
私のクローゼットから my favorite style [e-mook] (e-MOOK) (JUGEMレビュー »)
内田 彩仍
内田彩仍さんの本の中でも特に大好きな本です。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Come home! (Vol.5) (私のカントリー別冊)
Come home! (Vol.5) (私のカントリー別冊) (JUGEMレビュー »)

vol.5....何度も何度も読み返しています^^。リネンのコーヒーフィルターの作り方も載っています^^。この本の雰囲気好きです
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< まずはログハウスをのぞいてみました | main | 工務店Yさんへ行ってみました >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
チルチンびと
お金もなかったのですが夢と希望だけは
どんどん膨らんでゆくわたしたち(笑)。

あー木のおうちに住みたいね〜。

そんな時、私のつぶやきを聞いたお友達が
雑誌を貸してくれたのです。

その名は

「チルチンびと」

増刊号でした。

ずいぶん前のだけど実家にあったから参考になるかも、と。
なんでもお父様がずっとまえに購入されていたそうです。



あと、地元の木で家を作ってる工務店を教えてくれました。

「チルチンびと」とは
風土社というところで発行されている雑誌です。
増刊号は何年も前に出たもので
今もチルチンびとが出版されているかどうかは
この時点では知りませんでした。
(もちろん出版されています〜!隔月出版です)
集成材ではなく無垢の木
ビニールクロスではなくて珪藻土や漆喰や和紙
化学物質を使わない
そして、リサイクルの事も考えられるようなおうち。

読んでいくうちに
私たちの考えは、建てたい家はこういう家だったんだ!と
興奮してきました。
何回も読み直しましたね…。
でもいいものを使っておうちをたてるという事はやっぱりそれなりに
お値段も…。
施行例がいくつも載っていて、その金額もかなりのものでした。
(いえ、適正価格なのでしょうけど我が家にしてみれば...の話です^^;)

正直これは我が家では無理だ…。
でもでも、こういうおうちをつくりたい。

そんなとき、旦那さんのお母さんが
今、畑として使っている土地があって
ゆくゆくはあなたたちが家を建てるときに使えばと思っていたと。

土地代が浮くのであれば、かなり助かります。
もしかして、夢が叶うかも。
浮かれてましたね。そのときは。

しかし....やっぱりそう簡単には
進まないのであります。

つづく。
| きっかけ | 17:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 17:28 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tokidoki-kumo.jugem.jp/trackback/5
トラックバック